読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smile

朝七時起床、いつもより大分早起き。

コーヒー一杯飲んで自転車に跨がる。目指すは最寄り駅、30分くらい。目的地は海浜幕張、生まれてはじめてのニコニコ超会議に行く。大好きな友人に会うためだ。

入場口からは、今まで見たことないくらいの長蛇の列が延びていて、立っているだけなのにだいぶやつれてしまった。目の前に見える大きな建物が遠い、1ヶ月ちょっとぶりの再会が待ち遠しい。

建物のなかは思っていたより広くて、色々なブースや様々なコスプレイヤーさんでキラキラと輝いていた。響き渡る爆音もさほど嫌いではない。まさにお祭り騒ぎだ。

友人がいるのはボーカロイドのイベントブース。棒になった足を必死に動かして直行する。かっこいいその姿は遠くからでもはっきり分かって、私を見るなり友人は嬉しそうに握手をしてくれた。「◯◯(私の名前)が来るっていうから、ここに来たようなもんだよ!」という言葉が本当に嬉しかった。来て良かったなって、知り合えて良かったなって。共同で出展していた方のグッズも本当に可愛らしくて、思わず財布の紐が緩んでしまった。

その後は色々なブースを回った。アプリゲームの大会があったり、DJがボカロの曲に合わせてパフォーマンスをしていたり、戦車やロケットの展示があったり、いつも画面で見ている方々の姿も見ることができたり、そこはまさしく「いま面白いものが全部がある」という世界。なにをするでもなく、ただ見回るだけで本当に楽しかった。

閉園時間が迫り、帰路につく。いまは電車のなかだ。股関節の痛みと、残り8%になってしまったスマホの充電。そして、現実に引き戻されてしまう、あの形容しがたい感覚。胸が苦しくて辛いけど、私はあの感覚は嫌いじゃない。絶対また遊びに行く。友人ともまた遊ぶ約束をした。

終わりがあったものには、また新しい始まりがある。それはきっと、前より素晴らしいものになるはずだ。


f:id:this-is-game-just-a-game:20170429212935j:image

f:id:this-is-game-just-a-game:20170429211421j:image